1つ目のジムを突破した

連載「ポケットモンスターホワイトやってみた」

1つ目のジムは最初に選んだポケモンの弱点属性になる

 1つ目のジムのリーダーは3タイプ存在していて、対戦するタイプは最初に選んだポケモンの弱点属性になる。

 いきなり難しいかも。。と思ったがそうでもなかった。

ジムリーダー戦の前に弱点属性のポケモンをもらえる

 色違いのサルがジム戦前にもらえる。どうやら3色ある模様。名前は忘れた。

ポケモンセンターから離れた場所には回復させてくれる人がいる

 ポケモンも他のRPGと同様、「戦闘で傷ついたら拠点に戻って回復」を繰り返しながらレベルを上げていく。

 この往復が楽しくもあり、面倒くさくもあるのだ。しかし、今作では回復拠点であるポケモンセンターから離れた地点には以下のように回復させてくれる人物が配置されていることが多い。

 これは助かる。

今のところなんとなく面白いと思える

 正直、「ポケモンの大枠のシステムは初代と変わっていない」「ストーリーがどうとか言っても所詮は小中学生の子供向け」と思っていた。

 確かに「初代から変わっていないシステム」も多いし、「わかりやすすぎて味気ない会話のやりとり」はあって、ゲームをしている間、常に100%楽しい!ということはない。

 とはいえ、今のところは「なんとなく面白い」とは思えている。

 おそらく「ゲームが進んでいる感」があるからだと思う。

 これは主人公の移動距離が長かったことと、手持ちのポケモンのレベルが割とサクサク上がっていることがあるのかもしれない。つまり、「進んでいる感」が感じやすいのだと思う。

 とはいえ、前回の記事で見たような、「重いストーリー」はまだ感じられていない。

 これが「ポケモンファンが感じるには重いストーリー」でないことを願うばかりである。

タイトルとURLをコピーしました