高騰している『ポケモンバンク』入りの3DSを販売できなかった話

『ポケムーバー』『ポケモンバンク』がインストール済みの3DSの値段が高騰している

 高騰しているらしい。

 どうやら、赤緑などのダウンロード版の過去作や、3DS専用のポケモンシリーズから最新作にデータを移行するためのツールとして価値があるらしい。

 ポケモンガチ勢じゃないので、その価値はよくわからないが、今のところは欲しい人が多いらしい。

『ポケモンバンク』入りの3DSを販売したいと思った

 筆者は『ポケモンバンク』がインストールされた3DSLLの端末を所持している。

 結局、このソフト自体を使った覚えはないが、当時はダウンロード版の『ポケモン青』を持っており、「オンライン上のボックスを利用して御三家を揃えようかな」などと思い、それができると思いダウンロードしたのがきっかけだったと思う。

 最終的には『ポケモン青』からのデータ移行は『ポケムーバー』というソフトと当時は月額課金の利用権を手に入れなければ行うことができなかったので断念した。

 そして時は流れて、2023年6月28日現在、『ポケモンバンク』だけでも入っていれば3DSの販売価格が多少上がるときたもんだ。

 正直、3DSのゲームは今後も積極的にはやるつもりはないので、これを機に手放すのもアリかなと思っていた。

ニンテンドーアカウントのせいで手放せない

 『ポケモンバンク』を端末に残したまま、3DSとニンテンドーアカウントの紐付けを断つ方法がないので、うまいこと3DSを販売することができないことがわかった。

 3DSとニンテンドーアカウントの紐付けを切るためには、3DS本体を初期化する必要があるので、これをやると当然『ポケモンバンク』は端末から消えてしまい、eショップのサービスが終了している今、2度とダウンロードができなくなる。

 3DSにはニンテンドーアカウントで購入したソフトが、『ポケモンバンク』以外にも複数入っている。

 さらにニンテンドーswitchでもこのアカウントで購入したソフトが複数ある。

 これらのソフトの代金を上乗せして3DSを販売しても、『ポケモンバンク』が欲しいユーザーには不要なので、売れないだろうと思う。かといって、その他の『ポケモンバンク』入りの3DSと同程度の価格で販売しては、こちらが損をする。

 端末自体はいらないんだけどなー。残念!

コメント